ご挨拶

看護部長挨拶

清恵会病院 看護部長

清恵会病院 看護部長 鶴谷 伊久代

 清恵会病院は開設以来、急性期医療を担う地域の基幹病院として救急医療の充実に力を注いでいる病院です。地域の皆様から必要とされ、選んでいただける病院でありたいと考え、看護部は「地域に密着した清恵会の専門職として誇りと責任を持ち、生命の尊厳を遵守し常に患者の立場に立った看護を追究する」という看護部理念のもと、日々研鑽を重ねています。

 看護の対象であるその人が望む健康、生き方・暮らしを尊重し、チーム医療の中で患者・家族と共に考え、意思決定を支援する。患者に寄り添い、生活と医療を支える、それが看護師の役割だと考えています。

 幅広い知識と確実な看護技術で、安心して医療を受けていただけるように、スタッフ一同努力を重ねてまいります。また、スタッフ一人ひとりが看護を通しての出会いに感謝し、人の痛みや生命の重さ、生きる意味について考え、思いやりの心や感性を養い、人間的にも成長することで信頼される看護部をめざします。

清恵会病院 看護部長 鶴谷 伊久代

清恵会三宝病院 看護部長

 清恵会三宝病院は,地域に密着した複合型慢性期機能病院です。
私たち看護職員は、患者さまの立場に立ち、心に寄り添う看護を展開し提供できることを目指しています。 相手を思いやる心を育むことで職員間のコミュニケーションが豊かになり、心に寄り添う看護が展開できると思っております。

 患者さま、ご家族さまに「納得」して頂ける医療・看護・介護が提供できるよう、一人ひとりの看護職員が専門職としての自覚と責任を持ち、自己研鑽しづけて参ります。また、自立した看護師・看護補助者を育てるために、教育やキャリアアップの支援にも力を入れています。

清恵会三宝病院 看護部長 杉本 千恵子

清恵会訪問看護ステーション 所長

清恵会訪問看護ステーション 所長 山田 美穂子

 医療の進歩と共に高齢化社会と医療改革に伴う在院日数の短縮化で、日常生活に不安や不便さを持ちながら在宅生活を送らなければならない方が増加し、現在はまさに在宅医療の時代です。そんな医療や生活者を支援していくのが私たち訪問看護師の仕事です。

 清恵会訪問看護師のスタッフは、利用者様が住み慣れた地域、住み慣れた家でその人らしい生活を継続していただくために、関連機関はもとより、看護師だけではなくリハビリテーション部門ともミーティングを持ち、利用者様・ご家族様のQOLを高めるサービスの提供を目指しています。

 教育として、定期カンファレンスや、全員が個人目標に添った院外研修を受け知識、技術の研鑽に励んでいます。

清恵会訪問看護ステーション 所長 山田 美穂子