清恵会

理学療法士

清恵会三宝病院 理学療法士

理学療法士として

 私は以前、医療とは異なる分野で働いていましたが、理学療法士という職種に興味を持ち、清恵会第二医療専門学院に入学しました。実習や国家試験を乗り切り、現在は、理学療法士として仕事をしています。患者様から「ありがとう」と言っていただいたときには、頑張ってよかったなと思います。

 理学療法とは、けがや病気などで困難になった基本動作(起きる、座る、立つ、歩くなど)の回復や身体機能の改善を目的とした療法です。また、杖などの福祉用具の選定、住宅改修や介助方法のアドバイスを行うなど、患者様が入院前の生活に戻るお手伝いもする仕事です。

 人見知りの激しい私は、初対面の方と話すのがとても苦手でした。でも、理学療法士としてさまざまな患者様と出会い、色々な話をする中で、初めてお会いする方とも上手にコミュニケーションを取ることができるようになりました。成長したなと感じます。

これからも理学療法士として歩んでいく中で、今まで学んだことを基礎として、さらに成長し、患者様に提供していきたいと思います。