平成30年度 清恵会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計方法について

2018年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)中に当院を退院した患者様のデータを基に作成しております。 患者数または症例数が10未満の場合、当該数値並びに付随する項目については、個人が特定される可能性を考慮し「-(ハイフン)」で表示しています

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 659 217 168 189 410 451 774 1,381 1,362 422
当院は急性期医療を担う中核病院として、救急医療を中心に幅広い年齢層の患者さんに対して医療を提供しています。高齢者(65歳以上)の割合は65%となっており、その半数以上が70歳代の入院患者です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 128 27.24 20.92 14.06% 84.72
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 121 15.98 12.58 4.13% 76.27
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 98 3.17 3.94 2.04% 70.21
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 80 29.25 17.66 8.75% 80.26
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 71 5.34 5.10 0.00% 67.79
当院の内科疾患は、救急医療センターと連携し呼吸器疾患、重症感染症、循環器疾患、耳鼻咽喉科系疾患をはじめとする急性期医療を幅広く受け入れています。最も多い疾患は、誤嚥性肺炎で平均年齢も高い分、入院期間も長くなる傾向にあります。当院では、言語聴覚士による嚥下評価や歯科口腔外科医と歯科衛生士による口腔ケアの評価指導を入院初期段階より介入し再発予防に努めています。また、腎臓や尿路系の感染症では迅速な培養検査を行い、起炎菌に適した抗菌薬の投与、治療を心掛けています。大腸腺腫・ポリープに対する1泊2日の検査入院も積極的に行っています。心不全の方に対しては循環器科専門医が病態に応じた治療(投薬・注射・リハビリ療法)を組み合わせて慎重に行っています。めまいなどの耳鼻咽喉科系疾患に対しても非常勤医師協力のもと、安心してもらえる治療の提供を心掛けています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 89 5.04 6.19 3.37% 1.26
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 85 5.79 6.62 3.53% 2.81
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 56 5.09 10.03 0.00% 3.54
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 52 4.02 5.42 5.77% 5.29
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 5.28 5.71 2.13% 3.55
小児救急を中心に、気管支炎、喘息、感染症、けいれん等の急性疾患の他、発達障害、神経疾患、心疾患、腎疾患、アレルギー、夜尿症、低身長等の専門的診療も行っています。入院疾患としては、急性気管支炎などの呼吸器感染症、喘息が多いのが特徴です。また、感染性胃腸炎の流行期には、脱水等により入院するお子さんが多くみられます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 42 2.81 2.85 0.00% 71.67
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 39 6.28 4.96 0.00% 69.79
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 8.39 8.95 3.03% 69.30
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 22 7.59 5.49 0.00% 43.55
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 7.39 7.30 0.00% 63.28
外科では、消化器系疾患を中心に緊急手術も含めて24時間対応しています。下肢静脈瘤等の血管外科領域では高周波血管内治療を積極的に行っています。入院疾患としては、下肢静脈瘤疾患が最も多く、次いで鼠径ヘルニア手術や腸閉塞による保存的治療。虫垂炎における緊急手術や待機手術、胆のう結石に対し患者さんに負担の少ない腹腔鏡を用いた低侵襲治療を提供しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 193 36.83 26.30 67.36% 80.74
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 81 26.21 19.61 45.68% 81.70
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 74 6.35 10.72 0.00% 57.46
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 53 5.09 5.55 0.00% 24.21
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 52 12.44 15.83 1.92% 54.54
脊椎脊髄外科、手外科、スポーツ整形外科、関節外科、骨関節外傷などの整形外科全般にわたって専門的治療を行っています。救急医療センターとも連携しながら、四肢開放骨折、手指切断、脊椎損傷などの緊急手術を要する外傷にも24時間対応しています。大腿骨頚部骨折、腰椎圧迫骨折などの高齢者の入院が多い中で、比較的若年者に多い前腕骨折などの症例も多数みられます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 10 2.20 3.15 0.00% 72.00
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 4.30 5.37 0.00% 32.80
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり ­­­­­­­- ­­­­­­­- 3.20 ­­­­­­­- ­­­­­­­-
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし ­­­­­­­- 8.16 ­­­­­­­- ­­­­­­­-
070570xx970xxx 瘢痕拘縮 その他の手術あり 手術・処置等1なし ­­­­­­­- 6.08 ­­­­­­­- ­­­­­­­-
主に、体の表面に見られる異常(唇裂・口蓋裂)、小耳症などの耳の異常、逆まつ毛や眼瞼下垂など瞼の異常、顔面の骨折、ケロイドや瘢痕(傷痕)のひきつれ、皮膚の腫瘍(ほくろなどのできもの)等に対する診療を行っています。当院では顔面損傷の中でも鼻骨骨折などの症例が多数みられますが、皮膚の腫瘍等に対する軟部腫瘍の摘出術も積極的に行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 18.41 18.72 44.83% 69.52
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 52 15.75 16.18 15.38% 70.58
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 11.43 11.80 11.76% 79.41
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 5.63 7.35 10.00% 73.08
010040x001x0xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 脳血管内手術+脳動静脈奇形摘出術等 手術・処置等2なし 16 27.63 30.99 81.25% 70.56
脳神経外科では、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、慢性硬膜下血腫、未破裂脳動脈瘤や頚部頚動脈狭窄のような脳血管障害、脳腫瘍、水頭症、頭部外傷などに対する手術治療を行っています。特に脳卒中急性期の患者さんに最善な治療結果をもたらすには、脳血管内手術を含めた手術治療を中心としたあらゆる手段を即座に選択、実施する必要があります。当院では脳卒中を専門とする医師が常駐して救急患者さんを受け入れ、診療に当たっています。入院症例としては脳出血が最も多く、次いで急性期脳梗塞、慢性硬膜下血腫、頭部外傷の順となっており、その上で重症度の高い患者さんについてはSCU(脳卒中集中治療室)やICU(集中治療室)で高度な全身管理を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 14 3.00 2.84 0.00% 72.71
眼科では、水晶体が混濁することで視力の低下をきたす白内障に対して2泊3日の入院にて手術を行っています。眼球をカメラに例えると、レンズが濁る状態です。白内障は加齢に伴う発生頻度の上昇が認められ、70歳代の方の約80%以上がこの病気にかかっていると言われています。誰もが発症する可能性のある目の老化現象と捉えることもできます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 23 1.96 2.45 0.00% 34.13
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 16 7.88 8.86 0.00% 74.00
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 10 19.80 19.69 0.00% 26.80
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 4.61
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 10.16
産科では妊娠・出産管理・治療、母子の健康管理等を行い、婦人科としては、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がん、子宮脱、卵巣腫瘍など婦人科手術全般や更年期障害、思春期の異常など女性の全年齢にわたる不調に対して可能な限り診療を行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 15 1 7
大腸癌 13 20 15 16 1 7
乳癌 1 7
肺癌 24 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃、大腸、乳房、肺、肝臓の癌の治療を受けられた患者さんの進行度と広がりの程度をUICCが定めた病期分類で評価しています。ステージの数字が大きいほど癌の進行度が進んでおり、今後の医学的な見通しが立たないと言われています。その中で、当院では大腸癌の進行度も比較的早期の段階で治療にあたっています。なお、病期不明となっている症例につきましては、治療前の検査入院が多く、入院中に検査結果が出ていないためとなっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 27 8.96 54.15
中等症 101 22.47 81.31
重症 14 45.07 82.86
超重症
不明
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドラインによる重症度分類を用いて集計しています。この指標では細菌による肺炎を集計しており、ウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外です。
当院では中等症が多く、その平均年齢も81歳と高齢の患者さんが多く占めます。年齢にあわせて患者さんのリスクも高くなり長い治療期間を要しています。一方で軽症の患者さんでは平均年齢50歳代と若く、その分治療期間も短くなっています。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 308 22.82 75.39 26.30%
その他 19 28.58 69.79 1.53%
当院では脳卒中を専門とする医師が診療を行っています。早期に治療を行うことが効果的であるといわれる脳梗塞の入院は、救急搬送される患者さんも多いため、発症から3日以内の急性期脳梗塞の患者さんが多くなっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 137 2.90 3.32 3.65% 70.55
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 34 4.00 41.97 0.00% 71.00
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 31 8.74 25.68 9.68% 72.71
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 27 4.00 13.93 0.00% 74.52
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 2.45 17.86 9.09% 79.14
内科では、消化器疾患と循環器疾患に関する手術が上位を占めます。消化器疾患の手術では大腸ポリープや大腸良性腫瘍等に対し、内視鏡的に組織を切除する手術が最も多いです。内視鏡的乳頭切開術は十二指腸の中間あたりの粘膜部分に突起状に乳頭が存在し、この乳頭の開口部が何らかの原因で閉塞し正常な働きをしない場合に乳頭括約筋を切開します。また、胆管や膵管が狭窄し胆汁や膵液の流れが悪くなっている時に、ステントという管を入れて、胆汁や膵液の流れを良くする治療がステント留置術です。循環器疾患の手術では虚血性心疾患(急性心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術や、下肢の狭くなった血管に対して拡張や血栓を除去する手術を行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの)
小児科では、腸重積症に対する非観血的な治療(高圧浣腸や徒手による整復、体に切開等をしない)を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 44 3.93 6.98 4.55% 65.70
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 42 0.52 1.45 0.00% 71.69
K6335 鼠径ヘルニア手術 40 1.13 4.08 0.00% 68.20
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 18 0.50 4.22 0.00% 35.11
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 18 6.28 48.28 0.00% 76.50
外科では、胆のう結石症などの胆道系良性疾患や虫垂炎に対する手術は積極的に腹腔鏡下手術を行っています。この腹腔鏡を用いた手術は、開腹術と比較すると術後の傷痕が目立たない、患者さんへの負担も少なく経過が良好なことが特徴です。静脈瘤は非常に身近な血管の疾患ですが、通常は生命を脅かす危険はありません。しかし軽症でも女性は美容的に悩むケースも多く、重症化すると不快な症状を呈するため適切な治療が必要となります。当院では1泊2日入院でレーザー治療による下肢静脈瘤血管内焼灼術を行っています。ヘルニアとは、ある臓器が体の弱い部分やすき間から他の部位へ出てくる状態を言います。体のいろいろな場所で起こりますが、足の付け根付近で起こるものに鼠径ヘルニア、大腿ヘルニアがあります。中でも鼠径ヘルニアは小腸が出てくることが多いため、俗に脱腸と呼ばれています。当院ではその鼠径ヘルニアに対し予定手術を中心に行っています。また、大腸がんに対する手術も消化器内科と連携し万全な体制を整えて行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 140 4.01 26.86 50.00% 74.11
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 89 6.27 33.36 66.29% 81.76
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 54 2.72 19.06 5.56% 51.15
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 50 2.64 33.58 8.00% 72.02
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 41 1.37 11.10 0.00% 53.15
整形外科では、高齢になって骨粗鬆症になると、若い時と比べて骨が脆弱になってしまいます。高齢者が転倒などの比較的軽い外力で受傷する骨折を脆弱性骨折と言います。特に大腿骨頚部骨折や大腿骨転子部骨折を受傷すると、歩行能力が損なわれてしまいます。この骨折は手術を行わないともう一度歩けるようになるのが困難とされており、当院では骨折部分をプレート等で固定する骨折観血的手術や、大腿骨頭を人工骨頭に置き換える手術を積極的に行い、術後のリハビリテーションも早期に介入し患者さんの日常生活自立度向上に努めています。また、下腿骨(脛骨・腓骨)の骨折、前腕骨(橈骨・尺骨)の骨折にも積極的に手術を行っており、小さいお子さんに対しては疼痛軽減目的に緊急手術も行っています。脊椎脊髄疾患に対する保存的・手術的治療も行っており、その中で神経を圧迫している椎間板ヘルニアを摘出し神経への圧迫を取り除く手術を行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2193 眼瞼下垂症手術(その他)
K333 鼻骨骨折整復固定術
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法)
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)
形成外科では、眼を開いたときに上まぶたが下がってしまい、黒目に当たる部分が隠れてしまう状態になる眼瞼下垂に対する手術、顔面骨に対する骨折整復固定術、皮膚の腫瘍に対する摘出術、まぶたの皮膚が内側に巻き込まれて、まつ毛が眼球に触れてしまう眼瞼内反症に対して手術を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 54 0.30 11.35 9.26% 79.63
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 28 0.39 31.61 82.14% 70.75
K178-4 経皮的脳血栓回収術 27 0.00 27.11 55.56% 76.26
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 14 3.07 13.43 28.57% 74.71
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 12 7.17 45.08 41.67% 70.08
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が最も多く、この手術は頭蓋骨を開くことなく小さな穴を開けてそこから硬膜下に溜まった血腫を取り除いて洗浄する手術です。また頭部外傷による急性硬膜下血腫や急性硬膜外血腫、内因的な理由など何らかの原因により脳の血管が破れ出血し、やがて血の塊となる血腫を作ります。その血腫が脳に直接ダメージ与えたり血腫の増大、脳のむくみ等により正常な脳機能に様々な障害が生じるため、当院ではそのような障害を及ぼさないため頭蓋内血腫除去術を緊急手術として行っています。また、脳梗塞超急性期の場合は発症4.5時間以内であればtPA静注療法という血栓を溶かす薬剤を投与し、MRIにて脳の主幹動脈の閉塞が見つかれば、速やかに脳血管内治療に移行し血栓回収を行い劇的な神経症状の改善を図るべく手術を行っています。経皮的頚動脈ステント留置術は、脳梗塞の原因となる頚動脈の狭窄に対して、カテーテルを用いて金属製の筒を留置する手術です。脳梗塞治療を積極的に行うとともに再発のリスク防止目的で積極的に行っています。頭蓋骨の内側に生じる腫瘍については無症状の場合は経過観察を行いますが、頭痛や嘔吐、目のかすみ、麻痺や言語の障害といったさまざまな症状が出現してきた場合は手術治療が基本となり、当院でも摘出術を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 14 0.00 2.00 0.00% 72.71
眼科では、白内障で混濁した水晶体を取り除いて人工眼内レンズを挿入する手術を2泊3日の予定入院で行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091ロ 流産手術(妊娠11週までの場合)(その他のもの) 21 1.00 0.00 0.00% 34.48
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 13 1.00 5.31 0.00% 73.46
K877 子宮全摘術
K8982 帝王切開術(選択帝王切開)
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹)
婦人科では、骨盤臓器脱(子宮脱)や子宮の良性腫瘍に対する子宮全摘術においては、腹部に傷のない膣式手術を第1選択として行っています。また、産婦人科医や助産師が慎重な母体ケアのもと予定帝王切開術を選択し新たな生命の誕生に支援しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 32 0.53%
180010 敗血症 同一
異なる 19 0.31%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.46%
異なる
当院では、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い実施しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の実施に同意をいただくよう努めています。

更新履歴

2019.09.30
平成30年度の機能評価係数2の保険診療指数における「病院指標」を公開しました