末梢血管専門外来 下肢静脈瘤

当専門外来では、下肢静脈瘤の治療を行っております。

下肢静脈瘤ってどんな病気?

下肢静脈瘤

足の血液が心臓の方へスムーズにもどらず、静脈に溜まって血管が拡がり、ボコボコと浮き出てコブのようになる血管疾患は女性に多く見られます。 よくおこる⾎管疾患のひとつです。

下肢静脈瘤の症状は?

個人差はありますが、むくみやだるさ、足がつる「こむら返り」などの症状の他、悪化すると痛みや潰瘍が発生することもあります。

  • むくみ・だるさ・冷え・かゆみ・湿疹・夜中に足がつる「こむら返り」
    初期の症状は分かりにくく、⾃覚症状がない⼈ もいます。
  • 痛み・皮膚炎・湿疹
    進⾏すると静脈の炎症や⾎栓ができ、痛みを感じます。⾎液が溜まることで⽪膚に栄養が届かなくなり、⽪膚炎や湿疹など、⽪膚にも影響がでてきます。
  • 色素沈着・潰瘍
    重度になると、静脈が異常に腫れて簡単に出⾎することや⽪膚が弱くなることで、⾊素沈着や潰瘍になります。

下肢静脈瘤はなぜ起こるの?原因は?

静脈には⾎液が逆流するのを防ぐために、逆流防⽌弁というものがあります。運動不⾜や⽴ち仕事で、⾎液が⾜に溜まって⾎管に負担がかかり、 弁の機能が低下したり、弁が壊れたりして下肢静脈瘤がおこります。加齢も原因のひとつです。

命に関わる病気ではありませんが、間接的に他の病気へ影響を及ぼすことがあります。放っておくと悪化してしまうので、炎症による痛みなどがでる前に、医療機関にかかるようにしましょう。

下肢静脈瘤の予防のポイント

血液が足にたまらないようにすることです

運動不⾜の⼈ → ⾜の筋⾁を動かす

  • ⾃転⾞をこぐ
  • 散歩して歩く距離を増やす

⽴ち仕事が多い⼈ → ⾎液が⼼臓に戻りやすくする

  • ⾜を⾼くして休憩する
  • 寝るときは膝下に座布団などを置いて⾜を⾼くする

運動する時間がとれない、休憩中に⾜を上げられない → 椅⼦に座ってできる運動をする

  • つま先やかかとを上げ下げして、ふくらはぎを張ったりゆるめたりします

下肢静脈瘤の治療方法は?

手術をしない圧迫療法、血管を縛る、血管そのものを抜去する(ストリッピング術)、血管を内側から焼灼する血管内治療などがあります。なかでも、レーザーや⾼周波を使った⾎管内治療は、⼩さな傷跡ですみ、合併症も少ない治療法です。当院では、2013年1月より血管内レーザー焼灼術を開始。さらに、2015年4月に高周波治療器を導入し、高周波による血管内治療もスタートさせました。

患者様のご希望や病状に合わせて、適した方法で治療しています。

血管内治療について

レーザー治療

血管の内側から焼いて閉塞させる血管内焼灼術は、小さな傷跡ですみ、合併症も少ない治療方法です。

治療する静脈に針を刺すか切開をして、静脈の中に非常に細いファイバーを通していき、疾患のある静脈の所でレーザーを照射します。レーザーの熱で血管を内側から焼いて閉塞させます。焼いた血管は、数ヶ月で周りの組織に自然に吸収されます(血管内レーザー焼灼術)。

高周波治療

レーザーと同じ方法で、高周波を照射するのが高周波治療です。レーザー治療に比べて、痛みが少ないとされています。

下肢静脈瘤

1 カテーテル挿入

下肢静脈瘤

2 血管の閉塞

  1. カテーテルを血管内に挿入し、治療する位置まで前進させる
  2. 高周波エネルギーがカテーテルに送られ、カテーテルの熱により血管のコラーゲン繊維が変形して血管が閉塞する

血流は自然に正常な血管を通るようになります。

  • 足の状態にもよりますが、血管内治療は1泊2日の入院
  • レーザー、高周波とも健康保険適用

受診について

まずはかかりつけ医にご相談いただき、紹介状をお持ち下さい。
かかりつけ医がない方は、火曜・木曜いずれも午前の外科(近藤医師)を受診下さい。(紹介状がないので保険外選定療養費が追加となります。)

※2012 年9 月、清恵会病院は下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施施設として、また、近藤医師は実施医として下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会から認定されました。