認定看護師・専門資格をもつ看護師

 清恵会では、認定看護師がその専門性を活かした高度な看護を実践しているほか、各種の医療組織が定める多様な資格を持つ看護師もおり、様々な現場でスペシャリストとして活躍しています。 それぞれの役割と清恵会での働きをご紹介します。

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師

創傷・ストーマ(人工肛門)・失禁ケア領域において専門的な知識と技術をもつ看護師です。褥瘡や創部が早く治るようなお手伝いや、ストーマを持つ方がよりよく生活が送れるように相談を受けるなど、失禁に伴うスキントラブルへの対応を行っています。法人内の2つの病院、訪問看護ステーションと組織横断的に活動しています。(写真 左端)

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師

 感染管理認定看護師の役割は、人々を感染から守ること。守る領域は、患者様をはじめ院内のスタッフ、お見舞いに来られる方、病院に出入りする関係者まで、すべての人々です。各診療科と連携して院内全体をトータルに管理し、安全で快適な医療環境をつくっています。(写真 右端)

救急看護認定看護師

救急看護看護認定看護師

 迅速で確実な救命技術の実施や、危機的状況にある患者さん・ご家族への対応など、専門とする救急看護領域全般において、根拠に基づいた看護を実践しています。それと同時に、法人内の同じ看護師への指導や相談に応じるなど、組織横断的にも対応します。(写真中央 青のユニフォーム)

糖尿病看護認定看護師

糖尿病看護認定看護師

 糖尿病看護認定看護師の役割は、患者様が糖尿病と上手に付き合いながら生活していけるよう支援すること。血糖測定データから治療プログラムの調整、食事・運動・薬物療法における管理・精神的支援・フットケア等、多岐にわたります。それと同時に、患者様やご家族に対して療養生活や治療に関する相談にも応じます。患者様一人一人がその人らしい療養生活を送ることができるよう努めています。

各認定看護師による「出前レクチャー」 のご案内

3学会合同呼吸療法認定士

呼吸療法

 重篤な呼吸不全や、体への負担が大きい手術を受けたなどの重症患者さんの看護管理において、大きな柱のひとつである呼吸管理のレベルの向上を目的に活動しています。 医師・臨床工学技士・理学療法士と協力し、人工呼吸器による様々な合併症の予防や、人工呼吸器からの早期離脱を目指します。
看護師だけでなく臨床工学技士などもこの資格をもつ職員がいます。

日本糖尿病療養指導士

糖尿病療養指導士

 糖尿病は一度発症すると、一生付き合っていかなくてはならない病気です。専門医をはじめ多職種でチーム一丸となって治療・療養指導が行われます。
 日本糖尿病療養指導士は、患者さんに糖尿病に関する正しい知識と新しい技術を伝え、療養の指導を行います(写真 右)。患者さんをこの病としっかり向き合えるようサポートするのが役割です。患者様対象の糖尿病教室では講師を務めます。

フットケア

 また、足壊疽(えそ)などのトラブルに対してリスクの高い患者さんに、必要なケアと指導を行っています。なかでも、糖尿病は足の神経障害や血流障害から足の潰瘍や壊疽(糖尿病足病変)にかかり、重症になることがあります。未然に防ぐため、糖尿病患者様への指導、血管病変に関する検査、相談に応じたりもしています。

ICLSインストラクター

 医療従事者のための蘇生トレーニング(技術・現場でのチーム医療)を指導します。

JPTECインストラクター

ICLS JPTECインストラクター

 受傷現場において、傷病者の生命維持を第一目的に迅速に観察・処置を行い、早期に医療機関へ搬送する技術を指導します。蘇生技術における高い指導力で、院内での救急医療の向上、院内外の一時救命処置・二次救命処置の啓蒙活動で活躍しています。

消化器内視鏡技士

消化器内視鏡技士

 内視鏡に関する専門知識と技術を備え、内視鏡診療を円滑に進めます。清恵会病院の内視鏡センターでは数名の看護師がこの資格を持ち、医師の診察を助け、患者さんへの対応、記録の管理、内視鏡と関連機械の管理や整備をしています。

透析技術認定士

透析技術認定士

 透析・血液浄化に関する専門知識と技術を備え、医師の指導監督のもとに透析装置の操作、管理を行います。
 透析導入時の患者様への指導は時間をかけてゆっくりと、慢性期の場合、自己管理を支援するための援助として、時には厳しい態度での指導が必要なこともありますが、出来るだけ相手の気持ちに沿えるよう接しています。具体的な説明は繰り返しになりますがとても大事なことだと感じています。