CSR活動

百舌鳥・古市古墳群 世界文化遺産登録を応援

社会医療法人清恵会は、「百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を応援する府民会議」に登録しています。

2017年9月2日(土)、3日(日)に清恵会病院内で開催した「第14回全国病院広報実務者会議in堺」にて、参加者へのリーフレット配布やプレゼンでのPR、会場にポスター掲示と堺観光のパンフレット設置を行いました。
病院見学では皆さまに屋上から見える仁徳天皇陵古墳もご紹介しました。

濃い緑の森のように見えるのが仁徳天皇陵古墳です
会場でのポスター掲示 病院屋上から見た仁徳天皇陵古墳
会議の様子
≫「世界文化遺産登録をめざす 百舌鳥・古市古墳群」ホームページ はこちら

清恵会エコライフ宣言

社会医療法人清恵会は、社会的使命の高い施設として、医療だけに留まらず理念の本質である全ての「命」を尊重し、守ってゆくことが社会的責務だと認識しております。
地球的規模で展開している温暖化対策は、「個」の命の尊厳を日々追究している我々医療人にとって、究極の到達点であり目標といたします。

PDF形式(80kB)

地域環境保全活動

地球温暖化対策の一環として、地域に課せられた環境保全に対する取り組みや役割に対し、「清恵会のエコライフ宣言」に基づき病院周辺の自主清掃活動を始め、ペットボトルのキャップを集め世界の子供達にワクチンを届ける「エコキャップ推進活動」に積極的に参加しております。

病院周辺の自主清掃活動

病院周辺の自主清掃活動 病院周辺の自主清掃活動 病院周辺の自主清掃活動 病院周辺の自主清掃活動

エコキャップ推進活動

エコキャップ推進活動は、ペットボトルキャップを再生プラスチック原料として換金し、医療支援、ワクチン支援や障がい者支援、子どもたちへの環境教育等、様々な社会貢献にあてられる活動です。

清恵会では2012年の5月から活動をスタートしました。施設の数か所にキャップの回収箱を設置し、半年に1回程のペースでエコキャップ推進協会様にお届けしています。 毎回、約14人分のワクチンに相当しています。

現在の累積 147人分
(2017年7月送付時点)

キャップがワクチンになるまで

キャップがワクチンになるまでの流れ

詳しくは、NPO法人エコキャップ推進協会公式サイトをご覧ください

病院周辺の自主清掃活動 病院周辺の自主清掃活動