総合リハビリテーションセンター

  1. リハビリ概要
  2. 回復期リハビリ
  3. 療養リハビリ

リハビリ概要

当院リハビリテーション部は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、アシスタントのスタッフで患者様の一日も早い機能回復をお手伝いさせていただくために、リハビリ治療に従事しております。

リハビリスタッフ

理学療法士:16名 
作業療法士:14名 
言語聴覚士:5名 
アシスタント:2名

リハビリスタッフ

対象病棟

療養型病床(透析病床を含む180床)/ 回復期リハビリ病棟(60床)

施設基準

回復期リハビリテーション病棟入院料3
総合リハビリテーション 脳血管疾患等リハビリ(Ⅰ)・運動器リハビリ(Ⅰ)

リハビリ診療時間

回復期リハビリ療養リハビリ外来リハビリ
時間帯午前午後午前午後午前午後
診療時間9:10
~12:00
13:00
~17:30
9:10
~12:00
13:00
~17:30
9:10
~12:00
13:00
~17:30
〇*1〇*1〇*2〇*2〇*3×
〇*1〇*1〇*2〇*2〇*3×
〇*1〇*1〇*2〇*2〇*3×
〇*1〇*1〇*2〇*2〇*3×
〇*1〇*1〇*2〇*2〇*3×
〇*1〇*1〇*2〇*2〇*3×
〇*1〇*1××××

*1:平日は理学・作業・(言語)が平均でも6単位程度リハビリを行い、日曜祝日は2単位程度は必ずリハビリを実施します。
*2:患者様の病状含め主治医と相談しリハビリは平均2単位~、頻度を週3日~で決定し実施します。また、透析患者様は非透析日を中心に2単位、週3日~で対応します。
*3:理学・作業・言語のリハビリを週1~2回実施します。

回復期リハビリ
時間帯午前午後
診療時間9:10~12:0013:00~17:30
〇*1〇*1
〇*1〇*1
〇*1〇*1
〇*1〇*1
〇*1〇*1
〇*1〇*1
〇*1〇*1

*1:平日は理学・作業・(言語)が平均でも6単位程度リハビリを行い、日曜祝日は2単位程度は必ずリハビリを実施します。

療養リハビリ
時間帯午前午後
診療時間9:10~12:0013:00~17:30
〇*2〇*2
〇*2〇*2
〇*2〇*2
〇*2〇*2
〇*2〇*2
〇*2〇*2
××

*2:患者様の病状含め主治医と相談しリハビリは平均2単位~、頻度を週3日~で決定し実施します。また、透析患者様は非透析日を中心に2単位、週3日~で対応します。

外来リハビリ
時間帯午前午後
診療時間9:10~12:0013:00~17:30
〇*3×
〇*3×
〇*3×
〇*3×
〇*3×
〇*3×
××

*3:理学・作業・言語のリハビリを週1~2回実施します。

リハビリテーションセンターの様子

リハビリテーションセンター内の写真
リハビリセンター内リハビリセンター内
理学療法・作業療法・言語療法の写真
理学療法作業療法言語療法
運動療法の雰囲気(関節可動域練習・筋力増強訓練など)
運動療法の雰囲気
動作練習(歩行・階段・入浴・調理・VF等)
動作練習動作練習
物理療法(IVES・超音波・歩行アシスト・長下肢装具・HHD)
物理療法物理療法
他(STEF・言語練習等)
その他リハビリ

回復期リハビリ

回復期リハビリ病棟とは、急性期を脱して、主に日常生活動作能力の向上と在宅復帰を目的としたリハビリを集中的に行うための病棟です。マンツーマンで行うリハビリだけでなく、患者様同士で集まって練習を行っています。また、ご家族様・職員間で情報共有し、早い時期からの退院支援訪問を行い、在宅復帰に向けて取り組んでいます。

【回復期リハビリの取り組み】

365日リハビリ

日・祝も休まずリハビリを行います。

カンファレンス

月1回はスタッフ間で患者様の身体状況や社会的情報を収集し目標を決定、共有しています。

退院支援訪問

入院早期よりご自宅への訪問を検討し、適切な時期にご自宅へ伺います。自宅での動作や家屋構造を確認し、必要に応じて住宅改修や福祉用具の提案、介護サービスを提案します。

集団起立練習

週3回、主治医と相談して行える患者様同士集まって起立着座練習を実施し、下肢筋力や活動量向上を促し動作能力向上を図ります。

集団起立練習集団起立練習

病棟ADL練習

病棟スタッフがリハビリスタッフと相談し、患者様に合わせた病棟ADL練習を実施したり。動作方法の統一を行い過介助の予防、動作能力向上を図っています。

総合リハビリの勉強会・合同勉強会

総合リハビリ内での知識・技術向上のために勉強会は勿論ですが、病棟スタッフとリハビリスタッフが年に3回、合同で勉強会を実施し、知識や技術の共有を行っています。
2019年度 ①失語症患者様への接し方 ②抗不安薬や眠剤について ③症例合同検討会

合同勉強会合同勉強会合同勉強会

通所デイケアや訪問リハビリスタッフとの情報共有

必要に応じて、当院の通所デイケアや訪問リハビリスタッフが入院リハビリの見学や自宅訪問も同行し、入院中から患者様の情報共有や退院支援を一緒に行っています。退院後も安全に生活が送れるように引き継いでいます。

デイの様子デイの様子

療養病床リハビリ

重篤な患者様、透析をされている患者様、ターミナルの患者様など、様々な病状に合わせてリハビリを提供いたします。
病状により変動しますが、平日平均55分/日のリハビリを提供しています。
(2018年1月1日~2018年12月31日)

【療養リハビリの取り組み】

・各専門職が集まって話し合いを行い、多職種協同で治療方針を立案します。
・自宅退院を目指す方にはご自宅へ訪問し家屋環境の調査を行います。
・床ずれ防止のため、適切なポジショニングを提案しています。
・療養リハビリについての学会発表を積極的に行っています。
 (2014年~2018年で9演題)