人工透析センター

透析室のご案内

  • 入院・外来 対応
  • 月〜土 午前・午後 2クール(夜間透析は無し)
  • 入室 午前 9:00〜
       午後 13:00頃
     (但し、午前患者様のベッド状況により前後し、準備出来次第呼出)
  • ベッド数41床 全て血液透析(HD)のみ、緊急時用個人用透析装置 1台
  • スケールベッド13台
  • 車椅子対応体重計

特色

待合室も用意しました。

  1. 明るく、広い透析室です。全ベッドに液晶テレビを設置しています。
  2. 十分に経験を積んだスタッフがチームワーク良くサポートし、また患者様の情報や状態をオーダリングシステムや透析システムで管理していきますので、導入から維持まで安心して透析を受けていただけます。
  3. 車椅子移動の患者様が多いため、車椅子対応体重計の設置やベッド間を約1m空け、車椅子の通りがスムーズに出来るようにしています。
  4. 病棟ベッド直接来室の患者様もあり、通路部分をかなり広く取ってあります。またスケールベッドへの横付け移動も可能にしています。
  5. 透析液の清浄化のため、80床用水処理装置、大型のエンドトキシンカットモジュールに加え、透析監視装置個々にもエンドトキシンカットフィルターを備えています。
  6. 供給装置本体故障時に備え、41床のベッドに対し、40床用供給装置を2台設置し、直ぐに対処できる体制にしています。
  7. 透析液原液を粉末にし、縮小した設置スペースに最低1週間分の備蓄を常に確保しています、また溶解装置故障時に備え、溶解タンクを常備し、透析ロスタイムを最小にするように備えています。
  8. 夜間等の透析患者様急変時に備え、透析診察室に個人用透析装置を設置し対処しています。
  9. リハビリの必要な方は、優秀なリハビリテーション科で計画的に行っていただけます。
  10. 外来患者様にもゆったりくつろげる広い談話室を設けてあります。