理学療法士 募集

このページの目次
  1. 理学療法科の特徴
  2. 募集要項

理学療法科の特徴

職員数・出身校・経験年数

2019年5月現在、理学療法士は43名(清恵会病院20名、清恵会三宝病院23名)在籍しています。
平均経験年数は9.7±7.5年で、中堅層、ベテラン層が充実しています(グラフ)。

附属の養成校(清恵会第二医療専門学院)出身以外の方も働いています。(例 大阪リハビリテーション専門学校、兵庫医療大学、森ノ宮医療大学、大阪行岡医療大学(前:行岡リハビリテーション専門学校)、畿央大学、神戸国際大学)

資格取得について

理学療法科では、日本理学療法士協会主催の新人教育プログラムの修了や認定資格、専門資格の取得、各種関連学会等の認定資格の取得など専門性の向上を推奨しています。

日本理学療法士協会認定理学療法士
  • 脳卒中理学療法 4名
  • 運動器理学療法 4名
  • 地域理学療法 2名
  • 臨床教育理学療法 1名
  • 3学会合同呼吸療法認定士 4名
  • 日本糖尿病療養指導士 3名
  • 心臓リハビリテーション指導士 1名

新入職員教育

新入職員を対象に「新入職員研修」を各施設で実施しています。新人職員に対しては、1人につき2名以上の教育担当係を配置し、何でも相談ができる環境作りも行っています。
年間での研修カリキュラムを組み、日々の業務や理学療法・リハビリテーションの知識、技術の指導を行っています。また、実技練習会や症例検討会も実施し、OFF-JTとOJTを組み合わせた指導教育を実施しています。

法人内での勉強会

①科内勉強会

科内勉強会

清恵会病院、清恵会三宝病院、介護部門に分かれて勉強会を行っています。それぞれの病期において必要な知識や技術の向上が図れるような内容になっており、概ね1回/月程度の頻度で行っています。清恵会病院では、専門領域(運動器、脳血管、内部障害)の班に分かれ、専門性を高められるような体制を整えています。もちろん、働いている部署と違う病期の勉強会への参加は自由に行えます。

平成30年度 理学療法科内勉強会テーマを一部紹介
  • 治療参加型臨床実習(CCS)についてどのように指導するか
  • ADL評価法FIM
  • 病態についての理学療法におけるリスク管理
  • 在宅生活を考慮した退院支援
  • 生活期リハと回復期リハとをシームレスにつなぐための退院支援
  • KYTを用いた転倒・転落についてのリスク管理
  • 病棟生活でのADL自立への働き掛け
  • 在宅生活での福祉用具の活用
  • 脳卒中症例に対する上肢機能について
  • 大腿骨頚部・転子部骨折の分類や画像、ope.式について
  • 肺炎の理学療法
  • 廃用症候群や低栄養症例について
  • 長下肢装具(LLB)の利点と適応
  • 腱板断裂術後患者の術後疼痛に関与する要因について
  • 当院における腱板断裂術後患者の術後成績について
  • t-PA治療後の理学療法
  • 当院の外来心臓リハビリの効果について
  • COPD患者に対する6分間歩行テストの距離に与える因子の検討

②症例検討会

症例検討会

日々の臨床業務で困っている症例などについて、上位職や先輩を含めてプログラムの検討や進捗状況の確認を行える場を設けています。

③症例報告会

症例報告会

日々の臨床業務で担当している症例について文献的解釈を交えながら報告会を行っています。症例の経過を、文献的解釈を交え報告し合うことで、理学療法プロセスにおける認知スキルの共有を図り、科内全体の理学療法スキルの向上を図っています。

④関連職種との勉強会

リハビリだけではなく幅広い知識を得るため、他部署と合同の勉強会も定期的に行っています。看護部やコメディカルなどとも合同で勉強会を行い、共通言語ができることでコミュニケーションも楽になり、普段の業務もスムーズに進められる機会になっています。

関連職種との勉強会
関連職種との勉強会

手術見学

清恵会病院では、医師や手術室の協力のもと整形外科の手術見学を積極的に行ってもらっています。手術見学を行う事で、解剖や術部の状態についての知識を深め、術後のリハビリテーションに役立てるようにしています。

講習会・学会参加のサポート

各専門に関する学会(H30年度実績 3演題発表)や研修会、講習会には積極的に参加できる体制作りをしており、外部研修参加費用の補助も行っています。
医療技術部 総合リハビリテーション内にも学術班があり学会発表のサポートも行っています。講習会参加者はスタッフへの伝達講習を行うシステムをとっており、理学療法科内での知識の共有ができるようにしています。

平成30年度演題発表
  • 第26回 日本慢性期医療学会
    演題:当院療養病棟リハビリテーション実施患者の特徴と変遷 -平成27年度と平成29年度の比較-
  • 回復期リハビリテーション病棟協会 第34回研究大会
    演題①:当院回復期リハビリテーション病棟から在宅復帰した肺炎患者の実績指数
    演題②:当院回復期リハビリテーション病院における実績指数37超え症例の特徴

法人内の各領域で理学療法士の活躍の場があり、セラピストとして色々なことが経験 できます

当法人には清恵会病院(急性期、地域包括ケア、療養、訪問リハビリ)と清恵会三宝病院(回復期、療養、デイケア、訪問リハビリ)があり、急性期から在宅に至るまでの各領域で理学療法士が活躍しています。 勤務場所については、就職時にご希望をお聞きしますが、色々な領域での勤務経験を積めるように、法人内で各領域の研修を行ったり、配属場所のローテーションの希望をお聞きしたり柔軟に対応できる体制を整えています。

養成校との連携

当院の併設校である清恵会第二医療専門学院理学療法士科から多くの実習生を受け入れています。教員、学生と一緒に患者様の評価・治療内容を検討しており、経験豊富な教員からアドバイスを受けながら、より良い患者様の治療、学生実習が提供できるような環境となっています。

募集要項

職種 理学療法士
応募資格 理学療法士免許取得者または取得見込者
給与月額(平成30年度初任給)
  • H31年卒 初任給230,000円
  • 通勤手当別途支給
  • 実務経験者は年数による加算あり
  • ※配属は清恵会病院、清恵会三宝病院のどちらかとなります(希望考慮)。
勤務地 清恵会病院(大阪府堺市堺区南安井町1丁1番1号)
清恵会三宝病院(大阪府堺市堺区松屋町1丁4番地の1)
昇給 年1回(7月)
賞与 年2回(7月・12月)
休日・休暇 4週8休制、年末年始(5日間)
有給休暇(初年度10日・最高20日)
慶弔休暇、リフレッシュ休暇、創立記念、産前産後休暇、育児休業、育児時間
福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、退職金(勤続2年以上)、永年勤続者表彰、慶弔見舞金、レクリエーション、保育所、受診費用(外来・入院)の免除及び補助、単身社宅
応募方法 まずは履歴書(写真貼付)をご郵送ください。学生の方で卒業見込の方は成績証明書と卒業見込証明書を同封願います。
選考方法 面接(応募書類到着後、当方より日時の連絡をいたします。)
事前見学 希望日時を応募フォームにご記入の上、ご送信ください

求人に関するお問い合せ・応募書類の郵送先