形成外科

診療内容・専門分野

当科では主に、体の表面に見られる異常(唇裂・口蓋裂、小耳症などの耳の異常、逆まつげや眼瞼下垂などのまぶたの異常、腋臭症(わきが)、臍突出症(でべそ)、陥入爪(巻き爪)など)、顔の骨折、ケロイドや瘢痕(きずあと)のひきつれ、皮膚の腫瘍(ほくろなどのできもの)等に対する治療を行っております。

また、手術などで失った組織を、皮膚移植や皮弁などの手技を用いた組織移植を行い再建する治療を行っております。特にシリコンインプラントを用いた乳房再建に力をいれています。

外来では診療の他に、主に皮膚腫瘍や傷痕の修正などに対する日帰りの局所麻酔下の手術も行っております。気になる(できもの)や(きずあと)、なかなか治らない(きず)など、気軽にご相談ください。

診療の特色と取り組み

当院は急性期疾患が多いことから、熱傷・骨折などの外傷に対する診療を多く行っています。
一方、褥瘡や糖尿病性壊疽など慢性的な疾患に対しても、他科や認定看護師と連携をはかりながら診療を行っています。

診療スタッフ

役職・氏名・卒業年度 専門医
医長
遠所 瑞拡(H12 近大卒)
日本形成外科学会専門医、日本乳癌学会認定医

連携大学・学会認定医制度

連携大学

  • 近畿大学医学部形成外科

学会認定

  • 日本形成外科学会教育関連施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施施設