麻酔科

診療内容・専門分野

麻酔科の役割は、手術に際して適切な麻酔をかけ全身状態を良好にコントロールすることにより、患者様のお体に加わるストレスを極力抑え、患者様の安全を守ることにあります。

当院麻酔科では担当科、主治医、放射線科、検査科、手術室スタッフ、病棟スタッフ等関連各方面と綿密な連絡を取り合い手術前より患者様の全身の状態を把握するよう努めております。麻酔方法には大きく分けて全身麻酔及び局所麻酔(硬膜外麻酔、脊髄クモ膜下麻酔、狭義の局所麻酔)があります。当院麻酔科では全身麻酔と硬膜外麻酔の全例と脊椎クモ膜下麻酔を担当しております。

実績

2018年度 2019年度
手術件数 2,313件 2,200件
全身麻酔 1,481件 1,378件
脊椎麻酔・硬膜外麻酔 98件 88件
その他 734件 734件

診療スタッフ

役職・氏名・卒業年度 専門医
部長 梁 宗哲(S59奈良医大卒) 麻酔科標榜医、日本麻酔科学会麻酔科専門医、日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医
医員 古川 遥(H20奈良医大卒) 麻酔科標榜医、日本麻酔科学会麻酔科専門医

連携大学・学会認定医制度

連携大学

  • 奈良県立医科大学麻酔科学教室

学会施設認定

  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院

その他

ラテックスアレルギーの患者様に対して手術が可能な体制を整えております。