内視鏡センター

消化器内科のほぼ全ての領域をカバーできる、確かな技術と設備の内視鏡センター

センターの特色

お待たせしない検査体制

胃内視鏡検査

内視鏡検査は、上部内視鏡検査(胃カメラ)を月曜から土曜までの毎日、下部内視鏡検査(大腸ファイバー)を週3日実施しています。その他の検査についてもほとんど院内で実施できる体制を整え、患者さまを長期間お待たせしない、スムーズな診療を可能にしています。

当院の消化器内科では、炎症や潰瘍といった胃や大腸の疾患はもちろん、肝臓、胆嚢、膵臓などを含めた、ほぼ全ての領域で専門的な診療を実施しており、検査体制も充実したものになっています。また、各種検診や健康診断、人間ドックの内視鏡検査も積極的に行っています。

体への負担が小さい内視鏡の治療技術

早期胃がんなどの消化管腫瘍の内視鏡切除(EMR/ES)は、盛んに施行しています。EST(内視鏡的乳頭切除術)、PEG(経皮的胃瘻造設術)、食道静脈瘤結紮療法なども行っています。緊急性を要する吐血・下血においては、その診断と治療(内視鏡による止血)を担っています。

当センターでは、センター長を中心に医師と看護師が在籍しています。看護師には、消化器内視鏡技師の認定をもつスタッフもおり、専門スキルとチームワークで、安全でスピーディな検査と治療にあたっています。

内視鏡検査ブース リカバリー室
内視鏡検査ブース リカバリー室