歯科口腔外科

診療内容

歯科口腔外科治療室

口腔外科とは、一般的に口腔、顎顔面ならびにその隣接組織に発生する疾患を扱う診療科です。

当科は口腔外科を専門としており、紹介状により幅広く患者様を受け入れ、外来診療ならびに、入院管理下での治療や、全身麻酔手術にも対応しております。
また、入院患者様を対象に、周術期口腔機能管理・口腔ケアを行い、手術に際しての合併症の予防や早期の全身状態回復に注力しています。

※当科を受診される場合には、かかりつけ歯科医師からの紹介状が必要です。また、入院中の方は医科主治医からの紹介状が必要です。
※初診日には問診と検査、応急処置のみを行い、原則的には抜歯などの小手術は予約で行います。
※健康な方の一般歯科治療(虫歯・歯周病・義歯治療)は当科では行っておりませんのでご了承ください。

専門分野

  • 抜歯…親知らずや埋伏歯の抜歯等の治療
  • 口腔顎顔面外傷…歯の脱臼や、顎骨の骨折などの治療
  • 口腔腫瘍・嚢胞…お口の中や顎骨にできる良性・悪性腫瘍の診断と治療
  • 口腔感染症…主に歯からの感染に基づく、膿瘍や蜂窩織炎、顎骨骨髄炎、顎骨壊死の診断と治療
  • 口腔粘膜疾患…さまざまな口内炎の診断と治療
  • 顎関節疾患…顎関節の痛みや雑音、開口障害、顎関節脱臼などの診断と治療
  • 睡眠時無呼吸症候群…口腔内スプリントを用いた睡眠時無呼吸症候群の治療(呼吸器内科等からの紹介状が必要です。)
  • 基礎疾患を有する患者の歯科治療…抗凝固薬等の内服、化学療法中など、一般歯科医院にて対応困難な患者様の歯科治療。(かかりつけ歯科医院からの紹介患者様を対象としています。当院では、応急処置を原則とし、かかりつけ歯科医院と連携して治療を行います。)

入院患者様の口腔管理

歯科口腔外科
  • 口腔ケア…誤嚥性肺炎や脳血管障害などで入院されている患者さまを対象に、口腔衛生管理を行い、早期の全身状態の回復に努めています。
  • 周術期口腔機能管理…抗癌剤治療や、全身麻酔手術の際に、口腔に関連する合併症(口腔粘膜炎・歯性感染による敗血症・誤嚥性肺炎・気管内挿管時の歯牙破損など)の予防を行っています。

診療スタッフ

役職・氏名・卒業年度 専門医
医長 岩﨑 早苗(H17 阪大卒) 歯科医師(日本口腔外科学会会員)
下出 孟史(H23 広島大卒)非常勤 歯科医師(日本口腔外科学会認定医、日本歯科麻酔学会員、日本口腔外科学会会員)
  • 非常勤医 全2名
  • 歯科衛生士 全3名

連携大学・学会認定医制度

連携大学

  • 近畿大学医学部付属病院 歯科口腔外科